OneDouga

全てのOne to Oneコミュニケーションに動画を。簡単に、そして自由に。
OneDougaは、企業と顧客のエンゲージメント強化を推進するOne to One動画ソリューションです。 資料ダウンロードはこちら
全てのOne to Oneコミュニケーションに動画を。簡単に、そして自由に。

OneDougaテンプレートへようこそ!~パーソナライズド動画を使った動画マーケティングのポイントとは?~

OneDougaテンプレートは、企業の担当者がWEBブウラザ上で、予め用意された動画テンプレートを選び、パーソナライズド動画を自動生成、視聴者に動画配信をすることができる、日本初のクラウド型の「パーソナライズド動画コンテンツの自動生成・配信サービス」です。OneDougaテンプレートをお使いいただくことで、簡単手軽にOne to Oneコミュニケーションに取り組むことができ、クラウド型サービスであることによりイニシャルコスト、運用コストを抑えることができます。

なぜOne to Oneコミュニケーションが注目されているのか?

なぜ今、One to Oneコミュニケーションなのでしょうか?動画に限らず、企業と生活者のコミュニケーションは「マス」から「セグメント」そして「One to One」へのシフトが進んでいます。インターネットを通じて大量の情報を受け取れることができるようになった生活者は、自分に役立つ情報の取捨選択に多くの時間をかけています。このような状況にあって「自分だけのための情報」が届けられることは、生活者にとって大きな価値となります。
一方で、企業のマーケティング手法としての動画マーケティングに注目が集まっています。生活者の行動として、スマートフォンによる動画撮影や視聴があたり前になり、TV以外で動画に触れる機会が増えました。動画は、文章だけでは伝えにくい情報を伝えることができ、一度に伝えられる情報量が多く、記憶に残りやすいという特徴があります。このことから、動画はテキストや静止画と比べて訴求力が高く、商品やサービスの購入意向を高めると言われています。
OneDougaは「One to One」と「動画」を組み合わせた全く新しいコミュニケーションを提供します。

OneDougaの活用シーン

ではどのようなシーンでOneDougaは使えるのでしょうか?
住宅、不動産、教育、自動車、通信、旅行、美容、アパレル、EC・通販、食品…。OneDougaは様々なビジネスで活用が可能です。

またそれぞれのビジネスにおける活用シーンも、見込み顧客のナーチャリングから、オンボーディング、クロスセル・アップセル、顧客の興味関心のメンテナンス、他社からの乗り換えまで、様々なシーンでの活用が可能です。また、送った動画が見てもらえたのか、何秒まで見られたか、といった視聴データが取得できることで、施策のPDCAを回し、次のアクションを考えることができます。

視聴データの取得と活用方法

OneDougaテンプレートの特長の一つに「誰が、いつ、何秒見ていたのかがわかる」ということが挙げられます。視聴データは下図のようなCSVファイルで提供され、アクセス日時(顧客が動画を再生した日時)と視聴維持率(視聴者一人が動画尺の何%を視聴したか)を取得できます。これらのデータを基に、例えば動画を見てくれた顧客にはより詳しい情報を送る、見ていない顧客には再度動画を送るといった施策が考えられますし、動画を見てくれた顧客から優先的に営業をかけるなど営業の効率化に活用することも可能です。

パーソナライズド動画の作り方

では実際にOneDougaテンプレートでパーソナライズド動画を作るにはどうすれば良いのでしょうか?
基本的には「年賀状」と同じと考えてください。下図のように(1)テンプレートを選び、(2)自分の住所氏名など共通項目(パーソナライズしない項目)を入力し、③相手に向けた個別のメッセージ(パーソナライズする項目)を入力するだけです。